エギングを始める前に、覚えておきたい事…。
それは、PEとリーダーの結び方・・・。

PEラインとリーダーのラインの選び方は、

PEラインを購入しよう
エギング用のリーダーラインを購入しよう

こちらをどうぞ~。


今回紹介するのは、電車結び、で~す。
正直、この結び方より、結びこぶが小さくて、強度がでる
結び方・・・山ほどあります^^;
はっきりいって、電車結びはPEラインとリーダーの結び方では、
最も強度が出ない結び方です^^;

最も結びこぶがなくて、強度も最強との定評のある、
FGノットを始めとする、強度のでる結び方・・・。
ですが、問題があります・・・。
PEラインとリーダーの結び方・・・。
だいたい、強度=結ぶのが難しい
になっています^^;;
(大半の結び方を試したので、間違いないと思います^^;)
最初から難しい結び方をして、肝心の釣りする時間が
短くなる・・・では
本末転倒になる、と思うのです。
でも、ラインとリーダー、電車結びでも十分な強度がでる
ように、PE0.8号に、リーダーは2号を
選んでいるんで、強度の心配はしなくて大丈夫です^^

また、他の結び方は後に紹介します~^^

それでは、結び方、いってみましょう~♪



まず、リーダーラインと、PEラインを用意しま~す。



図のようにPEラインに輪を作って…



リーダーラインをくぐらして、PEラインを巻き込みます~。



4、5回繰り返します~。



4,5回巻いたら、
(写真では3回だけですが、実際は4,5回巻いてください~。)
PEラインとリーダーライン両方に唾なんかをつけて、両端をもって、しっかり締め込みます。
唾つけるの(水でもOKです)忘れないでください~。
ラインは摩擦熱に非常に弱いんで~。



締め込み完了~。



そして、リーダーラインを同じ要領で・・・



巻いていきます~。



こちらはラインが太いんで3,4回巻きつけたらOK~
こっちも唾つけて、しっかり締め込みましょう~。



締め込んだら、それぞれの両端をひっぱりま~す。



しっかりひっぱったら、余計なラインを切って終了~♪

次回は、ラインとエギの結び方、書いていきます~。
まあ、結び方、一緒、なんですが^^;;