エギング入門 家島エリア紹介


エギングを始める前に知っておきたい事…
それはエギングポイント^^

今回は、

G兵庫…家島エリアを紹介しま〜す^^

PC030234.JPG


家島エリアの特徴

エギングでは、一度、メバル、その他で何度か足を
運んだ家島エリア・・・。

以前は、餌釣りでは、グレ、チヌ、メバルの好エリアで有名でしたが
ここ数年、アオリイカの魚影も濃くなり、
アオリイカのエギングの釣り場としても有名になりました^^

沖に大小の島々があり、渡船を使って行くことになります。

エリアの特徴、ですが
男鹿島(たんがじま)・家島本島(いえしま)・坊勢(ぼうぜじま)・西島(にしじま)の大きな4つの島がありまして、
その周辺に大小さまざまな磯場が存在します。

その数は膨大で、ポイントは無限??といっても
いいのでは??と思います。

防波堤なども多少ありますが、
基本的には、磯釣りとなるので、初めて磯やテトラを〜
て方にはお勧めはできないです^^;

ポイントの特徴、ですが沖磯という事もあり、
深場を攻めれる、て所が大きいメリットとなります^^
あと、瀬戸内海なので、波が穏やか、ていう所ですね〜。
なので、他のエリアと比べると、天候に左右されにくです。

潮流もある程度速い所もありますが、
明石エリアと比べれば、まだ緩いと思うので、
明石エリア、淡路エリアで釣りをした事ある人なら、
十分対応できるでしょう〜^^

で、ポイントの選定、ですが基本的に渡船の船長さんに、
アオリイカ釣りたいんですけど〜、て聞いて、
足場や水深など、希望を伝えて、それで釣れる場所にお願いします。
といったら、いい所、に連れて行ってくれます^^
慣れてきたら、自分で「ココ!」て希望ていったらいいですが、
結構外す事が多い(て、僕だけかも、ですが…^^;)
ので、素直に船長さんの言うことを聞いた方が無難でしょう^^

で、家島に渡るには渡船が必要…
という事で、渡船の紹介です〜。

進鉱渡船

僕が家島のほうに行く時にはこの渡船を使っています〜。
磯替わりは1回ありでしたが、今は??なんで行く方は
電話確認を〜^^;;
船長さんは声をかけやすい方で、小心者の僕は助かっています^^

次回は、香川…小豆島エリアの紹介していきます〜。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。