ティップランエギングで必要な物とは


こんばんは、たけとです。

ティップランエギングとは、簡単に書いちゃうと、
ボートでの流し釣り、となります。

その際に、ティップラン用のエギは深い所を攻める為に
非常に沈下スピードが速いので、
それを、アオリイカを誘う時に、遅いフォールにする為に
船を流すのを利用して、カーブフォールさせて、
誘う!という事でした。

では、ティップランエギングに必要な物って
なんだろう?って考えてみました。

必要な物その1
ボート
はい、必須です。そもそも、ボートでのエギングでなければ、
ティップランエギング、と呼ばないので…。
まあ、普通はレンタルボート、となります^^

必要な物その2
ロッド
ティップランエギングをするときは、以外にアオリイカのアタリは
繊細です。なので、各社、ティップランエギング用、
と書かれているロッドは、非常にアオリイカが乗りやすくなっています。

なので、普通のエギングロッドでは、ちょっとティップが固すぎる、って事です。
ロッドが合ってないだけ、でバラスのも悔しいですよね?
もし、これからしばらくティップランエギングをする、というなら、
各社の専用ロッドの方が、よりいいでしょう^^



ティップランエギングが釣れるその理由5


さあ、遂に、ティップランエギングも核心をついてきましたよ!

ティップランエギングとは・・・

そのままでは沈下スピードが速すぎるエギ。
もちろん、アオリイカも抱きません。

で、陸からの釣りと違い、ボート場合、風、潮流などの影響で
大抵、ボートは動いています。

そう、ティップランエギングは、
このボートが動く!!という事を利用してあげるです。

エギを投げて、底まで沈めます。そして、しゃくったら、
エギはもちろん、跳ねあがります。

で、そのままラインテンションを掛けてやっても、
陸からの釣りだと、あっというまにエギは底に落ちて、
アオリイカが抱く間がありません。

かといって普通のエギでは底もとれない…。

ところが、ボートの場合、風などで動いているんです。

ここで、ボートの進行方向とは逆の方にエギを投げていると…

エギは、ボートに引っ張られ、平行移動に近いフォールとなるのです。

つまり、重たいエギながら、通常のエギの様なアクションが可能
となるのです!!

この釣り方を、ティップランエギング、といいます^^

次回に続きます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。