ティップランエギングが釣れるその理由4


ティップランエギングでは、
専用のエギを使う訳、ですが、

水深10mオーバーを狙うだけあって、
普通のエギよりかなり速く沈みます。

普通のエギングをしている人からすると、

「こんなに早くエギが落ちて行って、
アオリイカがエギを抱くのかなあ。」

と、思うと思います。
そして、その通りです!!

このまま普通のエギの様に使っては、
沈下スピードが速すぎて、
アオリイカがかなり釣りにくい状態となります。

では、どうすれば・・・

この事を克服する為に、ティップラン釣法があるんです。
では、その方法とは…

次回に続きます。





ティップランエギングが釣れるその理由3


お久しぶりです^^

それでは前回の続きからいきますね^^

前回は、陸から届かないディープエリアを探れるから
ティップランエギングは釣れるって話までしました。

これでは、ボートを使ったエギングは釣れる、て
事になりますよね^^;

もちろん、ボートで釣るエギングは釣れますが、
これではただのボートエギングです^^;

まず、ティップランエギングでは、水深10mオーバーを
狙う事から、専用のエギを使います。

ティップランエギングが始まった当初は、
普通のディープ用のエギが使われていましたが、

今では、各社からティップラン専用のエギがでているんで
そちらを使った方が使いやすいでしょう〜^^

では今回はこのあたりで〜♪
次回に続きます^^


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。