ティップランエギングが釣れるその理由2


ティップランエギングで釣れる理由…。

それは狙う水深にある、という事を前回に書きました〜^^

では、なぜ水深の深い所で釣ると、釣れるのでしょうか?

その理由は3つあると思います。

その1
今までエギングであまり攻められていない水深!
今までこの水深は積極的に攻められていなかった
と思います^^
なんで、叩かれていないから釣れる!
って事でし〜。

その2
シャローに比べると水温が安定している!
水深1〜5mラインだと、水温が不安定で、
どうしても釣果がばらつきありましたが、

10〜20mラインだと、かなり
水温も安定していて、釣りやすい事が
多いって事です^^

その3
大きなアオリイカは深場に移動する!
秋シーズンも深まってくると、水温が低下する事
もあり、大きなアオリイカは水温が安定している
深場に移動する個体が多いです。

今まで陸からでは届かずどうしようもなかったですが、
ボートを使えば話は別!
その水深までいったアオリイカを調節狙う事が
出来て、よく釣れる、って事です^^


なんで、深い水深を攻める事で釣れる!って事は
分かったと思います^^

次回は、では、そんな深い所をどう攻めれば?と
いう感じで書いていく予定です〜♪







ティップランエギングが釣れるその理由


おはようございます、たけとです^^

ティップランエギング、最近(といっても、もう流行ってから
数年経っていますが^^;;)
流行っていますよね。

ティップランエギングが普通にレンタルボート等を借りて
するエギングと何が違うか?

というと、一つ目が・・・

水深!!

です!!

普通にボートからエギングしたら、大抵の人(もちろん僕も)
沖から岸際に向かって投げている事でしょう。

ですが、ティップランエリングは違います!
少なくても水深5m以上、
普通は10〜20mラインを狙うのが普通です。

もちろん、専用のエギやティップランっていう特殊な
名前の通り、ちょっと変わった釣り方をする訳です^^

では、続きは次回で〜^^


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。