エギングをする前にライフジャケットを着よう


エギングだけに限りませんが、海、という
自然を相手にする以上、ある程度の安全装備は
必要、になります〜。

今回はライフジャケットについて、です^^

国土交通省 海事局の記事によると・・・
ライフジャケットを着て、海中に転落した場合、ライフジャケット未着用の時に比べて生存率が約3倍も高く
逆に未着用の場合は死亡率が約5倍も高くなる
ていう、結果がでている、ていう事です。

もしもの時の海への転落に備えて・・・・
ライフジャケット、買っておきましょう^^

ライフジャケット種類・・・
ほんの10年程前までは、
ライフジャケットっていえば
浮力体が入ったタイプの

ライフジャケット1.jpg

こんなタイプしかほとんどみかけなかったですが、

今は、自動膨張式のタイプや、

ライフジャケット2.jpg

自動膨張でも、腰に巻くベルトタイプ

ライフジャケット3.jpg

なんかもあります〜。

あと、釣りに便利なポケットがついた
浮力体が入ったライフジャケット
通称、フローティングベスト

フローティングベスト.jpg

もあります^^

それぞれの特徴は・・・

1.ライフジャケット(浮力体の入ったタイプ)

安全性:4種類の中で一番高いです。固形の浮力体が入っているので
    パンクなどの心配はゼロ!!必ず浮きます^^

着心地:浮力体が入っているので、冬はあったかくて、まだいいの
    ですが、夏は・・・・。すご〜く暑い><
    それに、浮力体が邪魔になって動きにくい、ですね^^;

価格:基本的に安い、です。釣具屋で特価で980円、ていうのを
   見たことがあります〜。


2.ライフジャケット(自動膨張タイプ)

安全性:一昔前は、リコールなんかもあったりして、
    ちょっと不安な面もありましたが、今はかなりいい
    みたいです^^仕組みは水に濡れると、センサー?
    が反応してボンベの気体を入れて、膨張させて
    浮かべる、という仕組みになっているので、
    万が一のときのパンク、ていう不安は
    残ります。

着心地:とっても薄いので快適そのもの^^
    夏でも、ほとんど蒸れません^^

価格:ちょっと高くて、だいたい9000円〜1万5千円くらい
   だと思います。


3.自動膨張ベルトタイプ

安全性:同じ自動膨張、なんでリスクは上記の自動膨張のと
    一緒です。ベルトの部分が濡れると膨らんで、
    浮き輪のようになって、浮く、という形になります。
    なので、もし、頭から落ちたら、意味ないのでは???
    という不安があります^^;

着心地:こちらも腰に巻くだけなので、快適、でしょう。
    たぶん・・・(試着などしたことない・・・^^;)

価格:こちら価格は1万2千円〜1万5千円くらいだと思います。


4.フローティングベスト

安全性:こちらもライフジャケット(浮力体の入ったタイプ)
    と同じく固形の
    浮力体があるので、安心!!です^^

着心地:こちらもライフジャケット(浮力体の入ったタイプ)
    と一緒、ですね^^;でも、大きな違いが一つ、
    ポケットが付いているので、釣具が収納可能!!
    というか、それがあるから、名称が変わっているん
    ですけどね〜。
    (ポケットなかったら、ライフジャケットです^^;;)

価格:こちらは3000円〜2万円までピンからキリまで
   あります〜。


と、色々種類があるわけ、ですが、
どれか一つを選ぶ、としたら・・・

フローティングベスト
で、決まりでしょう^^

やっぱり釣りをする時には両手がふさがらずに釣具が
入れれるポケットはとっても便利^^
安全性も文句なし、ですし夏以外なら、
問題なく使えます^^
(僕は夏でも使ってますが・・・暑いけど^^;)


次は、足元のブーツ、の説明をしていきます^^


















エギ購入する前に…何号のエギがいるの?


エギングを始めるにあたってのエギ選び・・・

エギの種類はエギ王Qに決まった・・・。

エギの種類の選び方については・・・
エギ購入、一番最初のエギの種類選び

カラーも、ピンク虹とゴールデンブラウン金、に決定〜^^

エギのカラーの選び方については・・・
エギ購入、最初のカラー選び

そして、エギの大きさ(号数)はどれを買ったらいいんだろう?
という事ですが、
2号、2.5号、3号、3.5号、4号・・・と
各種ありまして、
基本的に数字が大きくなるにしたがってエギも大きくなります。
やっぱりエギが小さいほど、小さいアオリイカでも
釣り易くなっています。
あと、エギの大きさが変わると、沈むスピードも変わるので
要注意です^^;
沈むスピードはエギの号数が上がるに従って早くなっていきます。

2号・・・エギ王Qの中では一番小さいサイズです。
     使う時期はシーズン初期の8月下旬〜9月上旬
     くらいです。
     また、低活性のイカを釣るにも役に立ちます^^
     ただ、軽い為、あまり飛距離は飛びません^^;;

2.5号・・・使う時期は9月上旬〜10月上旬くらいです。
       低活性のイカを釣るのに使ったり、
       沈むスピードが遅いのを生かして、浅場でも
       使ったりします。
       2号よりも多少重くなっている為、そこそこ
       飛距離もでます^^

3号・・・使う時期はオールシーズンです^^
     エギの中での標準といえるサイズで、
     秋のアオリイカから、春の親イカ狙いまで、
     あらゆる場面で活躍するでしょう^^

3.5号・・・使う時期は10月上旬以降となります。
       エギが大きい為、アオリイカが散らばっていて、
       目立たせたい、また少しでも大きいのが
       釣りたい、という時に使います。

4号以降・・・使う時期は10月下旬以降とおなります。
      大物狙い、または沈むスピード速さを利用して、
      の深場狙い、でも使えます。

で、まずどの大きさを揃えたらいいのかな?
となると・・・
2.5号3号を買いましょう^^

なぜなら・・・
2号のエギは、軽くて扱いがちょっと難しい・・・。
3.5号以降のエギは、数を釣るのには、あまり適していない・・・
(最初はまず、釣れる事が大事、ですよね^^)
から、です〜^^

使い分けとしては、最初は3号のエギを使って、
アオリイカが寄ってくるけど、抱かない・・・
又は釣れない・・・
となったら2.5号を使う、とい形でOKです^^


さあ、これで後はエギを買うのみ、となりました。
エギ、結構ひっかかったりして、無くなりますので
各種2個ずつくらい購入しましょう〜。

カラーが2種類、号数が2種類、なんで・・・
2×2×2=8個程度購入したら、
もう、バッチリ、です^^

ナチュラムからも紹介・・・
と思ったんですが、商品、ありませんでした^^;
素直に釣具屋に行って買いましょう〜。

さあ、次は各備品を揃えていきましょう〜。

次項は、ライフジャケットの説明していきます^^







       
       
     








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。