エギング入門 ピッチング


エギングする前に覚えておきたい事・・・。

それはキャスト方法〜^^

という事で、今回はピッチングについて、
簡単に書いていきます^^

このキャスト方法、近距離(5m〜10m)くらいを
投げるのに、最適、です。
主に漁港の船やロープ際、テトラ際なんかに投げるとき、
精度を高めて打ちたい時に多用します^^

では、説明行ってみましょう〜。

ピッチング1.jpg


上の図の様に、まずロッドのもち手と反対の方に
エギをもって、ロッドをほぼ平行に構えます。

ピッチング2.jpg


そして、ロッドの持ち手をナナメ上に上げて、
同時に、手首を少し上に返します〜。

○※のリールを
持っているところは、まず、構えたときには、ベールを
あけて、人差し指で、ベールを持っておきます。
そして、ロッドをナナメ上にあげて、軽く手首を返した
時と、同時くらいに、手を離すと・・・

キレイに、エギが進行方向に、向かっていく・・・
はずです〜^^

何度か、投げて、タイミングを覚えたらすぐに
出来るようになると思うので、覚えておきましょう〜^^
以外??に使うこと多いです〜。

次は、
エギの操作の仕方について書いていきます〜。







エギング入門 オーバーヘッドキャスト


エギングする前に覚えておきたい事・・・。

それはキャスト方法〜^^

という事で、今回はオーバーヘッドキャストについて、
簡単に書いていきます^^


キャスト.jpg

まず、ロッドをかまえま〜す。

右手の人差し指にラインをかけて、左手はグリップエンドを
もちま〜す。
この時にスピニングリールのベールをおこすのを忘れずに〜。
それを忘れたままロッドをふりぬくと・・・
ラインが切れて、エギだけが飛んでいく事に・・・><

.

次に、ロッドを後ろにふりかぶりま〜す。
この時、後ろに人などがいないか、確かめましょう〜。
人に当たると、大変、です〜^^;;
また、木や岩などにも、気をつけましょう〜。
これらにあたると、ロッドなどが折れるかも・・・^^;

キャスト3.jpg

で、その次はロッドをふりぬきま〜す。
左手のグリップエンドをしっかりひきつけると、
スピードアップ!!
より、ロッドがしなって、さらに飛びます^^


キャスト4.jpg

で、最後に、右手の人差し指のラインを離せば、
エギは飛んでいくでしょう〜^^
このタイミング、ですが何回もやって、
無風、ならナナメ45度くらいの角度が一番飛びます〜。

風が強かったりする時は、このままだと糸ふけが
でたりして、あまり飛ばないので、
ナナメ30くらいにすると、いいでしょう〜^^


糸を放すタイミング・・・結構難しいです^^;
特に高反発のエギングロッドの場合、
竿がしなってから、元に戻るまでの時間が短いので、
初めてキャストする方は、その前に、柔らかい竿
を買ったり、(2〜3千円のロッドで十分で〜す)
借りたりして、そっちで練習してから、
エギングロッドにした方がいいかも^^;

言葉では書きにくいですが、ロッドの反発のタメ、
をつくってあげないと、飛距離が落ちるので・・・。
高反発のロッドは、ふりぬくスピードが遅いと、
ロッドがしならず、その真価を発揮できないので
要注意、です〜。

次は、ピッチングについて書いていきます〜^^






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。