エギとライン結び方 ユニノット


エギングをする時、エギには、どんな結び方をしてますか?
僕は、ほとんどの場合、
ユニノット
ダブルクリンチノット
ダブルユニノット

の3種類の結び方で対応しています。

エギ結び方.jpg

それぞれメリットとデメリット、があるんで
説明していきます〜^^

1.ユニノットエギとラインの結び方でも紹介してる、
ユニノット、です。特徴としては、
とても結びやすい、結びのムラが出来にくい、
というメリットがあります、が・・・・
結びの強度が弱いっていう欠点があります。
だいたいライン強度の半分くらいまで、との事です。
なので、例えば、8ポンドラインなら、
約4ポンドで切れる、って事です。

でも、これってデメリットばかりでないんです、
例えば、リーダーとPEとの結束部の強さが6ポンド、とします。
そして、エギとリーダーを強力な結びで結んで、
約8ポンドの強度で結べた、とすると、ほぼ、
リーダーとPE側から切れてしまう・・・。
エギをロストするたびに、リーダーとPEの結束をしないといけない^^;

面倒ですよね?
なんで、そんな時はあえてユニノットで結んで、強度を
下げてやると・・・
結束部 6ポンド
エギ部 4ポンド
となって、ほぼ、エギ側から切れます^^
そうなると、わざわざリーダーをPEを結びなおさなくて良いので、
快適に釣りができる、て寸法です〜^^

結び方は、上記している様に、
エギとラインの結び方
で紹介しているので、そちらからどうぞ〜♪





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。