エギング用リール CI4って何だろう?の巻


おはようございます〜^^
エギング入門のたけとです〜。
今回は、シマノからCI4っていうのが
でたらしい・・・。と聞いて、
CI4ってなんだろう?なんて思ったので、
ちょっとその事を書いていきます〜。

実は僕は最近まで、釣り道具にはそんなに詳しくなくて、
ブログをするようになってから、調べるようになりました^^;;

釣具も調べていくと、色々進化があって面白いです^^
これだけ、でも楽しめるかも???な〜んて思ったり・・・。

では、書いていきま〜す^^

「CI4」
これは、シマノが作った新素材の名称、です。
プラスチックにカーボン素材を混ぜる事によって、
非常に軽量で、強度も高い素材を作る事に成功しました、
との事です。

その代表のリール、といえば・・・・

シマノ(SHIMANO) 08 セフィアCI4 C3000S です〜。



ボディーとローターに新素材のCI4を使っていて、
3000番クラスながら、190g!!

ダブルハンドルでも200g!!!

っていう超軽量化に成功しています〜。

でも、メリットもあったらデメリット、もあるわけで・・・。

さっきも書いたように、CI4って元はプラスチック、
なんです・・・。
なんで、ボディーの剛性では、金属性の従来のリールの方が
あるわけで・・・・。
リールを持った時に、ちょっとたわむ、というか、
「カッチリ」感がイマイチなんですね^^;

これは、シマノのメーカーの方もおっしゃっていた事、なんで
間違いないです。

なんで、軽量を優先するなら、CI4搭載機種、で。
ボディーの質感を優先するなら、従来機種、を
選んだらOK、と思います^^

エギングでは、シャクリって動作があるので、軽量リールの方が
ありがたい、ですが、
僕にとっての最大のデメリットは、というと・・・・。

値段が高い!!(大爆)

で、手が出ない、って事ですね〜^^;;
いつも、5〜6000円くらいのリールばっかり
つかってるもんで〜^^;;




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。